楽天モバイルの口コミ評判
楽天モバイルの口コミ評判



楽天モバイルはこんな人におすすめの格安SIMです。



『格安SIMはホントわかりづらいよね』



『スマホ本体とセットにしたわかりやすいプランはないの?』



これは、言い換えれば



『スマホ本体とセットのプランが、とってもわかりやすい』



です。楽天モバイルは、とにかくわかりやすい!これがウリの格安SIMです。格安SIMは3大キャリアと比較したときに、とても安いです。しかし、とにかくわかりづらいんですよね。



自分に必要なものがなにか?それらを合計するといくらになるのか?



これを解消するプランとして、楽天モバイルにはコミコミプランがあります。それらを特長と一緒にまとめてみました。



スポンサーリンク




次の記事もあなたにおすすめです





楽天モバイルの口コミ評判1『利用料金がどれだけ安くなったかについて』




3大キャリアのときと比較すれば、一目瞭然なのです。楽天モバイルのウリはなんといってもこの


●コミコミプランS(1880円)


●コミコミプランM(2480円)


●コミコミプランL(2980円)


●コミコミプランLL(3480円)



です。総務省によると、スマホ料金の平均は月額9000円程度ですから、明らかに安くなりますよね。コミコミというのは


●基本料金


●スマホ本体代金


●通話5分かけ放題



これらがセットでコミコミになっている金額です。どの格安SIMでも、基本的には自分で何を買うか?を選ばないといけません。



その点、すでに端末やかけ放題、基本料金などがセットになっていますから、ほとんど悩むこと無く契約することが出来ます。気になるのは2年目に、



●コミコミプランS(1880円)


●コミコミプランM(2480円)


●コミコミプランL(2980円)


●コミコミプランLL(3480円)




がすべてプラス500円になるところ。



3年目には1年目の金額よりも下がるので、長く使うのであれば、トータルで安くなります。本体購入をするならば、分割払いで2年。その後も契約は継続が出来ますから、3年目に契約をどうするか?考える余裕は出てくるといえますね。



スポンサーリンク




楽天モバイルの口コミ評判2『通話料金が従量課金になる事のコスパへの影響について』

 


格安SIMは、現在2通りの通話料金体系になっています。



楽天モバイルも同じですが、1つは通話するたびに、30秒で20円がかかる通話料金。もう1つは918円を支払うと、5分以内の通話が通話し放題になる定額制。



この2つをどちらか選んで契約します。あまり通話しない人は、30秒20円の通話料金でも十分です。しかしひんぱんに通話が必要な人は、5分以内の通話し放題プランがおすすめです。



一般的に、1回あたりの通話は5分以内に収まるという調査データがあります。実際の通話平均時間は、2分~3分程度です。そうなると5分はむしろ長いくらいですので、5分以内の通話がすべて通話し放題になるならば、データ上は通話に係る料金は、ほぼ918円以上かからないことになります。



もちろん突発的な通話をする必要もありますが、そのために不要な料金を支払う必要はありませんよね。



アプリを使った通話もありますが、パケットデータを消費することと、通話品質が落ちることが多いのでメインで使うのにはおすすめできません。それでもアプリを使った通話でも問題ないという方は、使うべきです。



楽天モバイルの端末セットプラン料金表
楽天モバイルの端末セットプラン料金表


【引用 https://mobile.rakuten.co.jp/fee/?l-id=header_pc_fee 楽天モバイル】 


ちなみにパケットは


コミコミプランSとM
 →パケット2G使用可能


コミコミプランLとLL
 →パケット4G使用可能




楽天モバイルのコミコミプラン詳細
楽天モバイルのコミコミプラン詳細

【引用 https://mobile.rakuten.co.jp/fee/package_plan/?l-id=fee_pc_komikomi_btn楽天モバイル 】



となります。コミコミプランは端末代金もコミコミとなっていて、乗り換えるときに端末も変えてしまいたい場合にはピッタリのプランです。



このわかりやすさが楽天モバイルのウリです。



楽天モバイルの口コミ評判3『通信速度や制限の実際について』



楽天モバイルの特徴 つながりやすさ
楽天モバイルの特徴 つながりやすさ

【引用 https://mobile.rakuten.co.jp/reasons/?_referral=search.yahoo.co.jp 楽天モバイル】

楽天モバイルは、ドコモ回線を使える格安SIMの1つです。


もはや言わなくてもわかるとおもいますが、ドコモ回線はつながりやすさはピカイチです。


通信制限は、以前はありましたが2017年3月に撤廃となりました


楽天モバイルの通信速度制限の撤廃
楽天モバイルの通信速度制限の撤廃

【引用 https://mobile.rakuten.co.jp/news/speed_limits/ 楽天モバイル 】 



3日間で一定のデータ量を消費した場合には、通信制限がかかるのが一般的です。楽天モバイルは、その制限を取り払うことになったと公式HPでうたっています。


制限がかからなくなれば、パケットを使いすぎてしまい、データ量が不足することもあります。その点、専用アプリを使って自分のデータ使用量や残データ量のチェックができるようになっています。



楽天モバイルの口コミ評判4『通話品質の実際について』





楽天モバイルの通話回線は、ネットを利用するIP電話ではなく電話回線を使用しています。

ドコモの回線を使っています。そのため、通話品質は良好です。よくあるのが、無料通話をうたっていてもIP電話というものです。ネットの通信環境に左右されて、ほとんどがイマイチな通話品質だったりします。



その場合、通話品質が悪いどころではなく、パケットも消費していてびっくりします。IP電話は、電話回線としては無料なのですが、パケットを使用するので通話料無料という謳い文句には注意が必要です。






快適に使えているのは良いですね。



格安SIMの弱点の1つが、ユーザー数が多いときに通話や通信品質が一時的に落ちる、というものがあります。



これはドコモ回線を利用している楽天モバイルとはいえ、借りている回線の太さによってはユーザーが増えると一時的に回線が混雑するためです。


回線の増強はひんぱんに行われているという話ですが、爆発的に増加している楽天モバイルユーザーにすべて対応しきれていない場合もあるようです。


スポンサーリンク